リアルカービング

バードカービング作品のギャラリー
こちらの作品はメール、または電話でも購入することが出来ます。価格はお問い合わせください。
その他の鳥の作品や鳥以外でも、ご希望があれば制作いたします。

■カンムリウミスズメ   
 〔実物サイズ 2006年作 個人コレクション〕  
   台はクリの木を使用し波を表現しました。

■シマセゲラ        
 〔実物のサイズ 2006年作〕  
   台はバターナット材を使用。白樺をリアルに表現してあります。
■ハシビロコウ       
 〔実物の1/4サイズ 2006年作 個人コレクション〕 
   動かない鳥として一躍有名に。 
■ハシブトガラス Large-billed Crow
 〔実物の1/3サイズ 作品高さ 約24cm。2006年作〕 
   嫌われがちの鳥ですが、顔の表情は豊かで、羽根の形状は意外と複雑です。
■コルリ
 〔実物のサイズ 全長14cm 2006年作〕 
   日本の山深い沢近くに夏鳥としてやってきます。
■ハイイロチュウヒ Hen Harrier
 
〔実物のサイズ 作品高さ約50cm。 2005年作 個人コレクション〕
   オオタカよりやや小さい全長45cmのタカ。渡良瀬遊水池で見たゆったし飛ぶ姿が印象的でした。
   背面がグレーの気品ある美しい鳥。この作品はオスの実物大。

■コチョウゲンボウ 〜Field in winter.〜  Merlin
 
〔実物のサイズ 作品高さ約52cm。 2005年作  個人コレクション〕 
   作品タイトル〜Field in winter.〜は、かつて福島潟でみた本種の印象から。
   細いクヌギの枝に止まってたたずんでいる。

■シロフクロウ Snowy Owl
 〔実物のサイズ 作品高さ約80cm。 2004年作 個人コレクション 〕
   全長66cmの大型のフクロウ。この作品はメスの実物大。時にはキツく、
   時にはかわいく見える本種の表情を出すのに苦労しました。
■オオタカ  Northern Goshawk
 〔実物の1/4サイズ 作品高さ約30cm。 2004年作 個人コレクション〕
   オオタカの華麗に飛ぶ様を表現しました。本作品は実物の1/4サイズ。
■オオルリ Blue and White Flycatcher
 〔実物のサイズ 作品高さ約27cm。 2003年作〕 
   日本三鳴鳥の一つ。ハンノキに止まらせました。
■ブルーバード   Ward 受賞作品
 〔実物のサイズ 作品高さ約23cm。 2003年作〕 
   同年Ward Championship Advanced Level入賞作品
■アメリカチョウゲンボウ American Kestrel
 〔実物のサイズ 作品高さ約35cm。 2003年作〕 
   日本のチョウゲンボウよりも小さく、全長23cm。この作品は当工房のリーフレットに使用しています。
■ハクトウワシ オープンウィング    Ward 受賞作品
 〔実物の1/7サイズ 作品高さ約30cm。 2002年作〕
   アメリカの国鳥。翼を広げると2メートルにもなります。
   同年Ward Championship Advanced Level入賞作品
■スズメ Tree Sparrow
 〔実物のサイズ 作品高さ約10cm。 2003年作〕 
■ハクトウワシ    Ward 受賞作品
 〔実物の1/5サイズ 作品高さ約30cm。 2001年作〕 
   アメリカの国鳥。風に吹かれる頭部の羽を表現しました。
   同年Ward Championship Advanced Level入賞作品
■ブラジルスズメフクロウ Ferruginous Pygmy Owl
 〔実物のサイズ 作品高さ約26cm。 2001年作 個人コレクション〕 
   世界で最も小さいフクロウのひとつ。全長は17cm。中米に生息。
■クロワカモメ (1/3サイズ) 
 〔実物の1/3サイズ 作品高さ約16cm。 1999年作〕
   クチバシの黒いリングがその名の由来。
   同年Ward Championship Advanced Levelカテゴリー2位作品
■シロチドリ
 〔実物のサイズ 作品高さ約15cm。〕  
   チドリ類の中では、一番なじみのある鳥です。冬羽の状態を表現しました。
■ベニヒワ・ペア
 〔実物のサイズ 作品高さ約40cm。〕  
   全長13cmのかわいらしい鳥です。日本では冬鳥です。上がオスで下がメス。
■イヌワシ 
 〔実物の1/5サイズ〕
  
■オオストンオオアカゲラ
 
〔ミニチュア  作品高さ約25p   2008年作〕 
   奄美大島にのみ棲むオオアカゲラの亜種です。
 
■ホオジロカンムリヅル 
 〔ミニチュア  作品高さ約17p  2008年作〕  
   アフリカに棲む美しいツルで、乾燥した大地をペアで歩く姿を表現しました。 
■アオジ     Ward 受賞作品
 〔実物のサイズ 作品高さ約20p 2009年作〕
   夏のアオジは、顔がより黒色になりますが、この作品は、里で見られる冬の時期の羽色です。
■ジョウビタキ   作品タイトル「冬愁」    Ward Advanced Class 2位
 〔実物のサイズ 作品高さ約60p 2010年作〕
   冬のかわいい使者。 金属でつくったススキの枯穂に止まってます。
■ツバメ   作品タイトル「ランデブー」
 〔実物のサイズ 作品高さ約45p 2011年作〕
  ツバメのペアが優雅に飛ぶ姿を表現しました。
   台は、トチです。   
■ミサゴ   作品タイトル「青天の眼光」 
 〔実物のサイズ 作品高さ約90p 2011年作〕
   魚が主食の美しいタカです。足場の岩は、カツラの木を使ってつくりました。
■ムナグロ    Ward 受賞作品
 〔実物のサイズ 作品高さ約35p 2010年作〕
  
   大型チドリのムナグが、伸びをしているところです。
■シマフクロウ   
 〔実物のサイズ 作品高さ約110p 2009年作〕
   全長70pの世界最大のシマフクロウを実物大でつくりました。
       Ward Advanced Class Best of Show
■ムラサキサギ   作品タイトル「夕影」
 〔ミニチュア 作品高さ約13p  2008年作〕  
   この作品は、細かな羽は彫りださずに、ペイントによって羽の表現をしました。ベースは杉。
 
■ヤマセミ   
 〔実物のサイズ 2009年作 個人コレクション〕
   ヤマセミを写真で追いかけているヤマセミファンの依頼でつくりました。
■カンムリシロムク   
 〔実物のサイズ 2012年作 個人コレクション〕
   唯一バリ島のみで繁殖している貴重な鳥です。絶滅が心配させています。
■カルガモ   
 〔実物のサイズ 2012年作 個人コレクション〕
   足に障害のあるヒナを保護して飼育している方の依頼でつくりました。
■クロウミツバメ   
 〔実物の1/2サイズ 2012年作〕
   世界で唯一南硫黄島でしか繁殖していない鳥です。スリックという技法でつくっています。
■ト キ   作品タイトル「希望」
 〔実物の1/2サイズ 2012年作〕
   常陸宮殿下所蔵
■ライチョウ  
 〔実物のサイズ 1999年作  立山自然保護センター所蔵〕 
   冬羽から夏羽への換羽中のオスのライチョウです
 Ward Advance Level 1位
■キ ジ ・ペア

 〔ミニチュア  2005年作 個人コレクション〕
■アカコッコ  
 〔実物のサイズ 2006年作  三宅島アカコッコ館所蔵〕 
■カワセミソメイヨシノ  
 〔実物のサイズ 2009年作  個人コレクション〕 
ミソサザイ  
 〔実物のサイズ  個人コレクション〕
■オオワシ・ペア
 〔ミニチュア  2008年作〕
   オオワシのペアのディスプレイフライトを表現しました。
■マキエゴシキインコ  
 〔実物のサイズ 2006年作〕 
   自分で飼っていたインコです。
■コノハズク  
 〔実物のサイズ 個人コレクション〕 
■メジロとアケビ  
 〔実物のサイズ 2008年作 個人コレクション〕 
■エゾフクロウ  
 〔実物の2/3サイズ 2009年作 個人コレクション〕 
   北海道に生息していて、本州のフクロウより白いのが特徴です。
■ハコガメ  
 〔個人コレクション〕 
■アジアアロワナ(スーパーレッド)   体長約30p



   トップページ

鳥の工房つばさ

世田谷区梅丘1-9-12
  TEL 03(3428)4106 FAX 03(3428)4107